マシンコントローラMP3200

マシンコントローラ MP3200

マシン制御に不可欠なモーション·ビジョン·ロボットシステムを融合することで、マシンシステム全体の最適制御を実現。
また情報の一括管理によるシステム全体の「見える化」を実現し、メンテナンス性·トレーサビリティの向上が可能。

特長

  1. 高性能CPU搭載で最速125 μsの高速アプリケーション処理を実現
  2. プログラム容量、レジスタ容量の拡大により大規模システムに対応
  3. 倍精度浮動小数と64 bit整数型に対応し、より高精度な制御を実現
  4. MECHATROLINK-IIIを標準装備
    1回線で最大局数42局 (サーボ32軸)の制御が可能
    省配線で高速·多軸システムを実現
  5. Ethernetポート標準搭載
    主要PLC通信プロトコルに対応し、最大10回線までのプログラムレス通信可能
  6. USBメモリへのロギングデータ収集が可能
  7. データロギング機能、FTPサーバ機能の新規追加により、装置の稼働状況を管理可能
  8. 新たに7セグメントLEDを搭載しトラブル対処が容易
  9. MP3200にMP2000オプションベースユニットを装着することで、MP2000シリーズのオプションモジュールの使用が可能
  10. MP3200のプログラム命令はMP2000シリーズの上位互換となっており、MP2000シリーズのアプリケーションプログラムをそのまま使用することが可能

構成可能な最大軸数256軸
プログラミング言語モーション言語、ラダー言語
制御周期高速スキャン、低速スキャンの2レベルスキャン
高速スキャンタイム設定 : 0.125 ~ 32ms(メカトロリンク通信周期の整数倍)
低速スキャンタイム設定 : 2.0 ~ 300ms(メカトロリンク通信周期の整数倍)
通信MECHATROLINK-Ⅱ、MECHATROLINK-Ⅲ
周囲温度0~+55℃
制御電源AC85V~AC276V
DC24V
対応規格JIS B 3502に準拠

関連ページ

関連ページへ

見積・購入に関するお問い合わせはこちらから

生産中止機種・代替機種についてはこちらから

ページトップへ