オペレータステーション CP-540

オペレータステーションCP-540

いつでも、どこでも、プラント遠隔監視
ロケーションフリーなオペレーションステーション

オペレータステーションCP-540は、クラウドでのデータ管理を可能とし、より柔軟なプラント監視を実現するクライアント・サーバシステムです。
パソコン、タブレット端末、スマートフォンなど、ユーザーに身近な端末を使い、「いつでも」「どこでも」現場の状況を簡単に確認できます。
高信頼性、保守性を追求した機能も充実し、お客様のプラントを強力に支援します。

 信頼性

制御ネットワークの二重化、データベースの二重化に対応。
故障監視/ガイダンス機能、システム監視機能などを標準機能として装備しています。

 操作性

コントローラCP-3550、CP-317Mを使用した計装制御システムに対応し、
計装標準画面や計器部品、EWS CP-717を含めた統合エンジニアリング環境を実現しています。

 柔軟性

サーバのクラウド化による柔軟な遠隔監視、制御ネットワークはCP-218(Ethernet)、CP-215に対応できます。

 保守性

操作履歴機能、履歴件数拡張の蓄積データに関する機能やネットワーク経由での監視機能を充実し、保守性を向上させました。
オプションでリモートメンテナンスサービス、E-mailによるアラーム通知にも対応できます。

関連ページ

関連ページへ

見積・購入に関するお問い合わせはこちらから

生産中止機種・代替機種についてはこちらから

ページトップへ